現在のがん治療について

現在のがん治療について

現在のがん治療について

がん治療と言いますと、放射線治療、化学療法、手術療法という三種類があります。昔は開腹手術だけでしたが、がんが小さいのであれば可能な傷が少なくて済む腹腔鏡下手術が発達してきて、現在は医学の進歩で化学療法も素晴らしい薬が開発され、副作用も少なく治療出来るようになってきました。放射線治療も昔は正常な細胞まで壊してしまうとされていましたが、現在は医療機器やコンピューターの発達により、がん細胞に集中して照射出来るようになりました。

このように医学は日々進歩していて、生存率も上がっています。折角医学が進歩しているのに、自分で納得出来る治療が出来ないのは非常にモチベーションが下がります。ですから、自分でも治療法を勉強し、納得行くまで医師に聞いて、それでも納得出来ないならセカンドオピニオンで自分の命を預けることが出来る医師を探す事が大事です。

がん治療において私が大事だと思うのは、良く笑って、元気に、良い方に考え、明るく生きる事で、がんに負けない細胞を作る事です。こういう治療法も近年注目されてきています。がんになってしまうと中々笑えません。明るく考えたくても、病気の怖さ、高額な治療費、残された子供達の事など考えると暗くなってしまいがちです。それでも、笑う事は自らのモチベーションを上げるのにも大事です。