現在のがん治療について

現在のがん治療について

がん治療にはいろいろな種類があります

がんは、昔は不治の病として恐れられていましたが、現代では早期発見すれば完治も可能な病気となりましたがんは、さまざまな部位にできます。がんが発症した部位によっても、治療法が異なります。がん治療は、手術で病巣を切除したり、放射線治療や、薬物治療などがあります。手術で病巣を切除する場合、転移の可能性のある部分も一緒に切除します。場合によっては、臓器そのものを切除して取り除くこともあります。転移していなければ、切除することによって完治が期待できます。最近では体に負担をかけないよう、切除する範囲を最小限に抑えたり、内視鏡などを利用する方法なども用いられています。

放射線治療は、病巣部に放射線を照射することによって、がん細胞を攻撃する方法です。事前の検査で入念に照射する部位や位置などを決定し、ピンポイントで照射することが可能となっています。最近では、重粒子線を用いた治療なども行われるようになりました。薬物治療は、抗がん剤を投与することによってがん細胞を攻撃します。現在、抗がん剤はいろいろな種類のものがあります。どの抗がん剤が効果的かは、個々によって異なります。そのため、医師が様子をみながら抗がん剤を決めていきます。