現在のがん治療について

現在のがん治療について

がん治療の種類について。

今の日本の死因の1位はがんです。その中でも男性は肺がんが多く、女性は大腸ガンが多いです。今までは胃がんが死因原因の1位でしたが、塩分を控える食生活の見直しや、技術の進歩、早期発見や早期治療によって胃がんが減少傾向にあります。肺がんが増えた原因は、喫煙や自動車の排気ガスなどが影響しているみたいです。タバコは仕事をしている人は唯一の楽しみであり、考え毎をしたり、リラックス効果もあるので辞められない方が多いです。やはり健康が一番なので辞めたいと思っている方は禁煙外来をおすすめです。タバコは消費税の増税も関係あって値上げしていています。タバコを辞めると経済的にも少し余裕が出来ます。女性は乳がんも減少傾向にあり、代わりが子宮がんも増えているみたいです。

乳がんや子宮がんの今は無料検診があるので、定期的に検診することを勧めます。私も無料検診のお知らせが来たら受けに行っています。自分自身の安心にもつながります。もし、異常があっても早期発見、早期治療は治る確率がぐんと上がります。がん治療は怖く感じますが今は医療も進化しています。自分に適した治療法を先生が提案して一緒に治療してくれます。治療法も手術療法、化学(薬物)療法、放射線療法などがあります。一番大切なのは、定期的に検査することです。