現在のがん治療について

現在のがん治療について

がん治療における手術

がん治療の方法にはどのようなものがあるのかと言うと外科的療法が挙げられます。これはどのような方法であるのかというと、手術することによってがんを取り除くと言うものです。初期の段階でがんが発見された場合などに行われます。がんに侵された部位を除去することから全て取り除くことができれば根治することが可能な方法であると言えます。しかしながら、がんが広範囲に広がっている場合や他の臓器などに転移している場合には他の方法が選択されることもありますなぜならば体内にがん細胞が残ることでがんが再発するリスクが高まるからです。

このように外科的療法はがん治療の代表的な方法のひとつですが手術することによってがん細胞が急激に増殖することや転移することもあります。また、臓器の一部を除去することから生体機能が損なわれる可能性もあります。また、手術を行ったあとの生活の質の低下なども考えられます。そのため体力が必要な治療方法であると言えます。そのため高齢者などにおいては外科的療法自体受けることが難しいこともあります。そのような場合においては薬剤を用いた治療である化学療法を中心として放射線治療などを組み合わせた治療メニューが採用されます。