現在のがん治療について

現在のがん治療について

納得のいくがん治療をするために

自分ががんに罹ってしまった時、そのがんのステージにもよりますが、早期発見の場合は勿論完治の可能性が高いので治療を優先させます。罹った箇所にもよりますが、特に大腸がんや前立腺がん、口腔がんなどは完治しやすいがんです。早期発見の場合転移が無ければ、原発箇所を切除手術し、転移の可能性や再発の可能性が有れば、抗がん剤治療をします。早期で有れば胃がんや大腸がんや子宮がんなどであれば腹腔鏡手術が出来ますので、精神的にも肉体的にもダメージはかなり少なくて済みます。脳腫瘍の場合は、切除が難しいので、放射線治療のガンマーナイフやサイバーナイフを実施し、放射能でがん細胞を破壊するという方法が一般的です。

がん治療には手術や薬物療法、高度先進医療で保険がきかないものなど、かなり高額な治療費がかかってきます。その他にも温熱療法や免疫療法など医学の進歩で色々な選択肢が出来てきましたが、やはり治療代の事を考えて本当にしたい治療が受けられないことになるかもしれません。そうならないためにも、月々の支払いは少な目ですので、いざというときのためにがん保険には入っておいた方が良いかもしれません。本人は勿論ですが、家族も納得できる治療を受けることが大切だと思います。