現在のがん治療について

現在のがん治療について

がん治療の化学療法とは?

日本人の死因で最も多い病気といえば、がんですね。がん治療には薬を使った化学療法や放射線療法、免疫療法など数種類の方法があります。化学療法について確認してみましょう。がん治療で使う薬剤は、抗がん剤やホルモン剤などがあります。化学療法では、がんを完全に治すことや再発を防ぐこと、進行を遅らせることなどの目的で行われます。どのようながんでも完全に治せるというわけではありませんから、進行しているがんは少しでも遅らせることを目指します。また、化学療法と並行して放射線療法や手術を行うこともあります。化学療法は薬を使うため、入院して受ける必要はありません。状況によっても異なりますが、薬だけなら自宅で服用することができます。

化学療法にも種類があり、投与する方法や使用する量などにも違いが生じます。医師から化学療法を行うと伝えれた場合は、その目的や効果についてしっかり聞いておくと多少は安心できるでしょう。抗がん剤は、がんの種類に合わせて使用することになります。がんには胃がんや大腸がん、食道がん、肺がんなど、色々ながんがあります。抗がん剤は静脈注射にて使用します。静脈注射を行うためのリザーバーを使いながら抗がん剤を投与します。