現在のがん治療について

現在のがん治療について

がん治療には3つの方法があります

がん治療には3つの方法があります。それは薬物療法、放射線療法、外科的切除です。どれもよく知られているものですが全て長い戦いが必要とされます。また治療自体ではなく副作用について知ってもらいたいとこもあります。まず薬物療法です。これはモルヒネなどガンの痛みを麻痺させるものです。昔白血病の病気を描いたドラマがありましたが、その主人公のように頭の毛が脱毛するといった副作用がでてきます。これは患者さんにとってショックなことです。しかし病気がよい方向に向かい、その薬を服用しなくてもよくなれば頭髪は戻ります。次に放射線療法です。ガンは放射線で焼き殺すことが可能です。しかし正常な細胞までも破壊されてしまいます。

つまり放射線療法はやけどと同じことです。これは例えば口腔内のガンで放射線を浴びた場合は味が感じられなくなったりします。このように放射線でも副作用はあります。そして外科的切除です。これは生態にメスを入れてガンを全て取り除くことです。これはがん治療には最も効果的です。しかしガンが大きい場合は他の組織にも移らないように正常な細胞も含め広めに除去しなければなりません。この理由からガンは早期発見が大切なのです。この3つががん治療の主流です。基本的な知識として頭に入れておくことが大切です。