現在のがん治療について

現在のがん治療について

がん治療。本人も家族も大変ですよね。

がん治療とは、人間が誰しもあり得る事です。自分自身が、または家族が癌になってしまったら。テレビなどでよく目にするかと思いますが、現実に突き付けられた時は本当に目の前が真っ白になるという言葉がピッタリの状況になってしまいます。治療には手術、抗がん剤、放射線など様々ありますが、手術をして完治したからといって安心もできません。再発を恐れながら生活する事になります。

がん治療には、とにかく根気よく、そして信じる事です。どうせやっても意味がないとか、どうしても負の事ばかり言ってしまいますが、病は気からという言葉通り、何か生きる望み、希望を持つ事がとても大切です。本人は痛く苦しいですがそれを精神的に支える家族はもっと大変かもしれません。家族もとてつもなく辛い上に、支えなければならない。でもその力が実ることもあります。

陰で泣いても、病室に行けば笑顔で話し、支えましょう。簡単ではないですが、がん治療は本人だけでなく、家族一丸となって向き合わなければいけません。それと大切なのは患者に対して頑張って欲しい。と言わない事です。手術の痛み、抗がん剤の苦しみ、精神的に不安定なのに頑張って闘っているのに、更に頑張って下さいなどは、これ以上何を頑張ると言うのですか?!と言う事になります。言葉にも気を付けましょう。