現在のがん治療について

現在のがん治療について

がん治療の治療方法、決定するのは患者です。

昔と違い今は患者さん自身が病気の治療法法を選択する時代です。もちろん医師は患者さんにとってベストだと思う治療法を提案してくれます。けれど最終的な決定権は患者さんにあります。だからこういう治療がしたい、こういう治療は避けたいという意見は遠慮せず医師にどんどん伝えていってほしいと思います。例えばがん治療で放射線治療を行いたくないと思っているならそれを医師に伝えましょう。医師は患者さんに治療方法をアドバイスすることはできますが押し付けることはできません。あなたが放射線治療をしたくないならしなくてもいいのです。

よく「病院にいってがん治療をするとすぐ放射線を当てられる」とか「抗がん剤を使わされる」とかって話を聞きますが、そんなことはありません。放射線治療が意思の目から見てベストならそう患者さんには伝えます。抗がん剤を使ったほうがいいと思えば医師はそう言います。けれど患者さんが嫌だと言えば医師はそれを強制することはできないし、他の治療プランを立ててくれます。だからがん治療でやりたくないことがあるならそう伝えればいいんです。治療を受ける私たちに治療法法の決定権があるということを忘れないでほしいなと思います。