現在のがん治療について

現在のがん治療について

三種類のがん治療について

もしもがんになってしまったらがん治療を行う必要があります。がん治療には主に三種類の方法があります。まず一つ目が手術です。がんになってしまった部分を切り取ってしまうという方法で、切り取れるがんや初期のがんに対して行われることが多いです。切除後に転移しなければがんが完治する可能性も高くかなり効果的な治療と言える一方広がってしまったがんには効果がないというデメリットもあります。二つ目の治療法が化学療法です。これは抗がん剤を使用してがんを治療する方法です。切り取れないがんや、切り取った後の転移に対して行われる治療です。

強い副作用があることで知られている治療法ではありますが、最近は副作用もかなり少なくなってきてはいます。症状を緩和する手段も増えてきているので抗がん剤でがん治療を行いつつ普段通りの生活を怒ることは可能です。三つ目の治療法が放射線療法です。がんがある部分に放射線を当てる治療法で、最近は技術の向上によりがんのある部分だけに集中して放射線を当てることができるようになってきています。副作用はありますが、がんの種類によっては切除よりも体の負担が少ない場合もあります。これらの治療法から医師が最も適した物を選んで治療を行っているのです。