現在のがん治療について

現在のがん治療について

がん治療はがんの種類、進行状況によって変わります。

がん治療には様々な方法があります。がんの種類や進行状況によって治療方法は異なりますが、早い段階で見つかった場合は主にがんができている部分を切除する事になります。切除したからと言って治療が終わるという事ではなく、再発の可能性がある為抗がん剤治療を行います。また、がんを発見することが遅かったり、進行性のものであった場合は他臓器やリンパ節へ転移している事が多くあります。その場合は、手術をする事ができないと申告され、化学療法での治療がメインになります。中には薬と愛称が良く、がんが小さくなることなどによって手術をする方もいます。

末期で手遅れ状態になると、がんを小さくするためと言うよりは、少しでも進行を抑える延命治療となります。しかし、末期ともなると体力の消耗が激しくどんどん痩せてしまったりするため、化学療法での治療も途中でやめざるを得なくなる事も少なくありません。化学療法の場合は副作用があるため、それでなくても消耗していく体力がさらに削られてしまいます。そういった事を避けるために、化学療法を行う前にサプリメントや食事で体力を付けたりと体の準備を行う方もいます。がん治療は進行すればするほど過酷なものになってきます。早期発見できることが大切です。