現在のがん治療について

現在のがん治療について

がん治療のなかの重粒子線治療

母ががんになった時に、様々ながん治療を調べました。放射線治療・抗がん剤治療・外科手術などです。これらはどれも、体には大きな負担がかかり、苦痛を伴います。そんな中、最新の治療法として「重粒子線治療」というものがあるのを知りました。この治療方法は、がん細胞にだけ重粒子線を当てる事ができがん細胞を攻撃することができます。がんの周りに存在する細胞へのダメージを最小限に抑えることが可能なのです。重粒子線は、陽子線よりもがん細胞へ与える殺傷効果が2〜3倍大きいと言われており治療期間も短くすることができます。

残念ながら全てのがんに適用できるわけではなく、母にもこの治療を行う事はできませんでした。しかし、様々な負担のかかるがん治療において、重粒子線治療はとてもメリットの大きい治療法であると思います。治療費に関しては、保険が適用とならないため、300万円かかります。今後保険が適用されるようになるといいな、と願っています。民間の保険会社ではがん保険に先進医療特約という特約を設けている所があります。健康であるのが一番ですが、病気にかかるのは、いつ自分の身に降りかかるかも分からない事でもあります。日頃からアンテナを高く持ち、健康でいる為に努力を怠らない事と、万が一に備えた生活をしていきたいと思います。