現在のがん治療について

現在のがん治療について

がん治療の新しい方法

がん治療では手術をして腫瘍を取り除く他に放射線で腫瘍を小さくしたり、抗がん剤を使ってがんが転移しないようにします。昔は抗がん剤治療は副作用が大きいので入院しなければいけなかったのが、今は副作用を抑える薬が出ているので入院日数はかなり減って通院ですむ事が多いそうです。だからあまり苦しくないのもなのかと思っていたのですが、実際がんになって治療した人によるとやはり髪の毛が抜けてしまったり肌の色が日焼けしたように黒くなったり大変なのだそうです。抗がん剤って腫瘍だけに影響するのではなくて他の健康な細胞にも影響があるので、やはり体調に影響を与えるのですね。

最近話題になっていて副作用がないというがんの治療方法が免疫療法です。他のがん治療と組み合わせて行なうと治療効果が高まるのだとか。がん患者は免疫力が落ちていると言いますが、免疫力が高いとがん細胞ができかけても免疫細胞が攻撃して消滅させてしまうんですね。健康な人でもがん細胞はできているそうです。免疫療法は体の中から免疫細胞を取り出して活性化させ、体の中に戻して免疫力をアップさせる方法です。自分の細胞なので副作用がなくて辛い思いをせずに治療を進めることができます。まだ治療を受けられるところは限られているようですが、新しい治療法として注目を集めています。