現在のがん治療について

現在のがん治療について

がん治療には高額な医療費が掛かる

がん治療に際しては、とても高額な医療費が必要になるため、医療保険への加入がとても重要になるでしょう。高度な医療設備を使用したりするだけでかなりの費用が掛かると思います。健康保険適用外の先進医療による治療でも高額になってしまいます。それらをカバーするには医療保険は欠かせません。それでは医療保険に加入できない持病持ちの人はどうしたらよいのでしょうか。ガン治療に対応した医療保険に加入できない場合は、自腹で医療費を支払うか、そのような先進医療を選択しないということだと思います。健康保険でカバーできる範囲での治療で快癒することを願うだけなのです。

しかし、人間には自然治癒力というものがあります。免疫力を高め、がん細胞を死滅させるには体温を上げる方法があります。ガン細胞の熱に弱いことがわかっています。どのように熱をピンポイントで与えるのかの技術は医療機関に任せるとして、我々ができる方法としては、生姜を利用するのです。生姜を摂り入れる他に、生姜のすりおろし汁を大量に用意し、熱湯に入れてタオルを絞ります。それを患部付近に当てて湿布をするのです。湿布の温度を下がりにくくするためにビニールで患部全体をくるみます。そうして高温の生姜エキスを体内に染みこませつつ、体温を上昇させるのです。この方法でがん細胞と戦うことで、先進医療にも勝る治療ができるのです。