現在のがん治療について

現在のがん治療について

がん治療に一番必要なものと、その後気づく大事なもの

ある時、体調が悪く病院の診察結果が癌だったとします。それは経験したことのない人にしか分からない恐怖だと思います。今癌は怖くない病気と言われてはいますが、未だ死亡原因はトップです。転移、再発などもありますし、完治することのない病気と言われています。がん治療は手術や抗がん剤などありますから、不安も募ります。

癌にはステージというものがあります。癌と無縁の生活をしていれば、初期や末期という言葉でしか癌を理解できていないかもしれません。出来れば、自分にも周りにも癌とは無縁の生活をしてもらいたいものです。ですが、癌でなくとも病気はある日突然身に降りかかります。その時、がん治療ではなにが何が必要になるのかを考える事になります。

入院、手術、通院とがん治療にはお金がかかります。がん保険などの医療保険に入っていれば後から補填はできますが、保険はほとんど後から給付されます。もちろん今は診断された時点で給付されるものもあります。それでもまずはお金ががかかります。がん治療が始まる前の検査なども、一度ではないものも多いのです。ですから、がん治療の最初に必要な物はお金です。でも、物質的な事以外でも必要なものもあります。癌と戦う気持ちです。これは自分自身の問題でもありますが、家族や恋人や友人の支えや応援が、戦う気持ちに繋がる事も多々あるはずです。そしてがん治療が終わったあと、お金は必要なものであって、大事なのはお金以外のものである事に気づく人達は、ある意味幸せなのだと思います。