現在のがん治療について

現在のがん治療について

がん治療の有効性について。

がん、またの名を悪性腫瘍というものは出来る人がとても多く、それにより研究が進んで早期に腫瘍を発見することが出来れば命に関わる前に治すことが出来るものになっています。現在がん治療の基本となっているのは「抗がん剤治療」と「放射線治療」です。どちらもまずは手術を行い腫瘍を摘出したあとに行います。

抗がん剤治療というのは薬を使った治療方法で、点滴によって薬を体内に入れてがんが再発するのを防ぐようにするものです。これだけだと治療費は安いですが、副作用が強いのが特徴です。よく言われるのが髪の毛が抜けるということと、人によっては酷い吐き気があることもあります。放射線治療というのは放射線という光を患部に当てて治すものです。費用は掛かりますが体にかかる負担は少ないです。親戚の一人が乳がんを発症した時には両方を行いました。これらの治療により再発を抑えられる可能性は高まりますが、これらの治療法の有効性については賛否両論があるそうです。テレビで取り上げられていた女優の方は抗がん剤による副作用が酷く日常生活も出来ないため、がんが再発するのを覚悟で治療を止めたそうです。結果的にストレスが減少し現在もがんの再発はありません。結局、がん治療というのは一人一人に合う方法を見つけなければ有効でないのだな、と感じました。