現在のがん治療について

現在のがん治療について

がん治療の三大療法について

がん治療には、手術療法と化学療法、放射線療法の三大療法があり、検査結果以外にも年齢や性別、希望、環境などを考慮しながら総合的に適した治療方法を受けることになります。場合によっては2つ以上の治療を組み合わせることもあります。

手術療法では、がんの病巣を切除します。ある程度進行していても切除可能であれば、積極的に手術療法を行います。がんのかたまりが一気にとれるため、検査では分からない微小転移がなければ、完治の可能性が高いというメリットがあります。ただし、切除した部位によっては体の機能や臓器を失う場合もあります。化学療法は、抗がん剤を使った方法です。点滴や内服、注射によって投与されるため、血液を通して全身をめぐります。脱毛や吐気、倦怠感などの副作用の症状が出やすいですが、ごく小さな転移にも効果があります。

放射線療法は、がんの病巣部に放射線を照射することで、がん細胞を死滅させます。一時的にめまいなどの全身症状が出る事がありますが、検査技術などの進歩によりガンの位置や大きさを正確に測り、その部分に集中的に照射できるようになったため、以前よりも効果が向上しています。最近では、粒子線を使う陽子線治療や重粒子線治療も実用化が進みつつあります。