現在のがん治療について

現在のがん治療について

がん治療は大きく3つに分けられます

医師から癌と診断されたら多くの場合はがん治療を行うでしょう。現在がん治療は大きく3つに分けられます。一つは「外科療法」です。外科療法とは最初にがんが出来た部位とそこからがんが転移した部位を含めひと塊として切り取る治療のことをいいます。いわゆる手術でがんを取り除くことです。がんが発生部位にとどまって他の部位に転移してない場合は有効な選択肢でしょう。

続いては「化学療法」です。抗がん剤といわれる化学物質を用いてがん細胞の分裂を抑え、がん細胞を破壊する方法です。抗がん剤は静脈内に投与するか、内服して血液中に入ることによって、全身のすみずみまで運ばれて、体内に潜むがん細胞を攻撃して破壊させます。全身のどこかにがん細胞があってもそれを破壊させる力があるので全身的な治療に効果があります。また、一般的にはこれらの治療法を複数組み合わせ、それぞれを補い合い治療をおこなうことが現在の方針と言われています。

3つ目は「放射線療法」です。X線やγ線といった放射線を体にあてることにより、がん細胞の分裂が抑えられ増殖が抑えられます。正常な細胞も放射線でダメージを受けますが、このダメージをできるだけ小さくして、がん細胞だけに最大の効果を発揮できるように照射法を工夫して治療を行います。