現在のがん治療について

現在のがん治療について

日本のがん治療はかなり向上した

がんというと悪性新生物になってきます。つまり悪性の腫瘍になってきます。良性の腫瘍もありますけど、こちらはがんではないです。良性の場合は、命を脅かすというのはまれです。日本では、がん治療がかなり向上してきています。数十年前は、がんになってしまいますと、ほとんど助からないというイメージが強くなっていて、多くの人ががんになったらあと数年しか生きられないという解釈をしていたのです。しかし、今ではそういうイメージは少なくなっています。もちろん、進行しているがんに関しては治療が困難になってきますので、完治率がかなり低いですけど、早期に発見する事ができて、早めに治療ができますと完治率がかなり高くなっています。つまり早期に発見する事ができれば助かる可能性が高いという事になります。

つまり、昔以上に深刻な病気ではなくなりつつあるのです。また、最近はがんを早期に発見できるような取り組みもしやすいです。例えば定期的にがん検査をする事によって早期に発見する事ができます。病院に行けばがん検査をする事ができます。がんの検査をしていく医療機器もかなり精度の方が高くなっており、小さいがん細胞でも発見できる可能性が高くなっているのです。